2006年05月19日(金)

校歌 [校歌]

夕古城を仰ぎ見て


作詞 佐々木信網
作曲 田村 虎蔵

1.夕古城を仰ぎ見て  豊太閤を偲ぶ時
 朝はるかに築港の  上にたたずみ思ふとき
 嗚呼偉大なる此のながめ

2.棚引きのぼる煤煙は  空紫に立ちこめつ
 安治川口の帆ばしらは 水に林を見る如し
 進取に富めるこのながめ

3.進取偉大の志 かかる自然に養はれ
 わが東洋の商業を 統ぶる都に学び得つ
 我等が幸の多きかな

4.国の栄えは商業の その伸長に待たざるや
 見よ青年の住く処 希望は常にそこにあり
 東西万里往かんかな

Posted by 管理者 at 14時30分   TrackBack ( 0 )   Comment ( 0 )

天商現校歌 [校歌]

難波津の 万葉の  


作詞 前 登志夫
作曲 森 正

1.難波津の万葉の 梅の花をかざし
手をとりて 手をとりて われらは歌う
伝統のゆたかさと 商業のこころを
いざゆかん いざゆかん
世界に開かれた 天商の道
ああ進取大志の道を

2.難波津の百年の 知恵の花をかざし
 手をとりて 手をとりて われらは励む
 学問のゆたかさと 人間のこころを
 いざゆかん いざゆかん
 大阪にそそり立つ天商の塔 ああ東西万里の塔を

3.難波津の青春の 愛の花をかざし
 手をとりて 手をとりて われらは誓う
 信頼のゆたかさと 真実のこころを
 いざゆかん いざゆかん
 未来にひらかれた天商の窓 ああ自由創造の窓を

Posted by 管理者 at 14時25分   TrackBack ( 0 )   Comment ( 0 )

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO

天商創立100周年記念演奏会

天商創立100周年記念演奏会

第41回定期演奏会を開催しました

第41回定期演奏会を開催しました

天商同窓会フェスタに参加

天商同窓会フェスタに参加

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

天商楽窓会ご案内

最近の記事

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 tensho-band All rights reserved.この天商バンドWebサイトの無断転載および画像の コピーを禁止いたします。